横浜 市 青葉 区 コロナ 感染 者 数。 【新型コロナ】横浜で50代の男性が死亡 新たに104人が感染、重症1人

<感染者数>港北区は市内最多の20人増、鶴見・青葉は累計300人超に(10/9)

区 横浜 感染 青葉 市 者 数 コロナ

新型コロナウイルス感染症に関する情報について 新型コロナウイルス感染症に関する横浜市からのお知らせや厚生労働省等の関係機関の情報を掲載しています。

3
7月17日(金)夜現在、横浜市が公表した 市内18区別の感染者数は次の通りです。 なお、市内最多の感染者数となった 鶴見区は、人口(29万3560人)に占める感染者の割合が「 1万1291人に1人」となり、 港北区(35万4746人)は「 1万4190人に1人」、 青葉区(31万759人)は「 1万4798人に1人」でした。

<感染者数>港北区は週間18人増、鶴見・青葉区とともに累計300人超に(10/16)

区 横浜 感染 青葉 市 者 数 コロナ

🔽 陽性患者 感染者 の累計発生者数 横浜市内で新型コロナウイルス感染症の陽性患者 感染者 と判定された人の累計発生者数について、最新情報をお伝えします。 累計の死者数は75人となるなど、GoToキャンペーンが本格化しているうえ、気温の変化が激しく冬の足音を感じる昨今なだけに、高年齢層の感染者の増加や重症化なども懸念されるところです。

5
都心へ通勤・通学者が目立つ港北区などの周辺エリアでは、さらなる 感染者増が懸念されるところです。

横浜市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況 横浜市

区 横浜 感染 青葉 市 者 数 コロナ

区内最多の増加数となった港北区(写真は港北区役所、イメージ) 市全体では、2週前の174人より3人少ない 171人増と、232人に再度増えていた感染者数の減少傾向も見られますが、依然、 港北区内では感染リスクは高い状況のままとなっています。 港北区でも30人増えたほか、 鶴見区で24人増と、 東京都との行き来がしやすいエリアでの増加が目立ってます。 横浜市内事例(チャーター便帰国者及びダイヤモンド・プリンセス号乗船者を除く) No. 横浜市における「新型コロナウイルス」の感染患者数(4月24日時点)(表は徒然呟人さん提供) 港北区内では菊名駅近くの 「菊名記念病院」で4月23日までに 医師など勤務者8人に集団感染が発生し、救急指定病院が今週4月20日から外来機能を停止している状態ですが、感染患者の住所別では一週間で4人増にとどまっています。

19
新型コロナウイルスの感染者数は、市内でも、11月に入ってから急増し、直近1週間では1日当たり平均88. 市内全エリアでのさらなる感染拡大も懸念される現状において、 市のリアルタイムな情報発信がますます求められていくことになりそうです。

2週間ぶり区別の感染者数、港北区30人増、青葉区はワースト累計96人

区 横浜 感染 青葉 市 者 数 コロナ

今週は、市北部で 累計の感染者数が300人を突破した 鶴見区が17人増の305人、 青葉区が10人増の302人。

5
63人の感染経路が不明という。

神奈川県【新型コロナウイルス感染者数】市町村別+横浜市内+川崎市内の分布図マップ【8月16日最新コロナマップ】

区 横浜 感染 青葉 市 者 数 コロナ

陽性患者の状況(11月30 日時点) 陽性患者数 5916人 無症状 146人 軽症 824人 中等症 57人 重症 23人 調査中 40人 死亡 94人 退院 4575人 🔽 陽性患者 感染者 の区別累計発生者数 新型コロナウイルス感染症の陽性患者 感染者 について、横浜市内での区別による累計発生者数の集計データです。 横浜市における「新型コロナウイルス」の感染患者数(4月17日時点)(表は徒然呟人さん提供) 泉区が20人(前週比+6人)に達し、 保土ヶ谷区は16人(前週比+9人)、 戸塚区と 金沢区がそれぞれ前週と比べ5人ずつ増えて15人と増加し、 港南区も先週の5人から13人にまで急増。

16
また、 東京都内では、7月に入ると 感染者が100人台という日が目立ち、昨日の9日(木)に過去最多となる224人、きょう 10日(金)は最多更新となる243人の感染者が判明しました。 市内のクラスター関連では、戸塚共立リハビリテーション病院(同市泉区)の40代男性看護師が新たに感染して感染者数が計6人になったほか、特別養護老人ホームで70代の女性利用者が、有料老人ホームで30代の女性介護士と90代の女性利用者が新たに感染。

神奈川県【新型コロナウイルス感染者数】市町村別+横浜市内+川崎市内の分布図マップ【8月16日最新コロナマップ】

区 横浜 感染 青葉 市 者 数 コロナ

5人以下 (ほかの色の条件も満たしていても、 人口あたりの新規感染者数がそれぞれの色の基準以上なら、 危険度はそれぞれの色) 傾向 横浜市の中で 人口あたりの新規感染者数の多さが上位 横浜市の中で 人口あたりの新規・累計感染者数が多め 横浜市の中で 人口あたりの新規・累計感染者数の一方が多め もう一方が少なめ 横浜市の中で 人口あたりの新規・累計感染者数が少なめ 人口あたりの新規感染者数がかなり少ない. また、先週時点で市内では唯一感染者が発生していなかった 栄区も新たに3人の感染者が出ています。 また、市内南部の 旭区でも13人増で20人台に乗せ、 瀬谷区では9人増えて17人となりました。 港北区内では、10月15日に 駅ビル内テナントでの1人が感染したことが公表されており、行政に連絡のうえ、消毒を完了させての営業継続を行っているとのことです。

19
40代女性は県職員で、夫から感染したとみられる20代女性は県内の学校の教員。 60代男性が重症で、70~80代の男性2人が中等症、98人が軽症または無症状、3人は症状不明。

港北区の感染者急増、鶴見区や青葉区含め北部エリアは1週間で2ケタ増(4/17公表)

区 横浜 感染 青葉 市 者 数 コロナ

なお、4月10日と17日付けの発表では「発生届を受理した区別での集計が混在していました」(横浜市)として数の訂正が行われ、 鶴見区と泉区の感染者数が減少しています。

13
前週に増加が目立った中区、西区は1ケタの増加となりましたが、 週間で10人以上増えた区も9区と市内の半数の区となっており、市全体での感染者数も 累計で3383人にも上るなど、まだまだ市ぐるみでの感染対策の強化やその呼びかけを行う必要がありそうです。