インスリン 製剤 一覧。 インスリン製剤の種類と作用

糖尿病学会が監修している「インスリン製剤一覧表」 港南台内科クリニック

一覧 インスリン 製剤

・開封後の操作において曲がってしまった針を使用しないこと〔曲がった状態で、又は曲がった針を元に戻して注射すると針が折れ、破断した針が体内に残留する事がある〕。

15
したがって、その作用の発現はより速やかで作用持続の時間が短い(投与後約5時間まで)ので、速効型インスリン製剤(通常食事の30分前に投与)と異なり食直前(15分以内)に投与を行うこと。

糖尿病 : [e

一覧 インスリン 製剤

低血糖になりやすいことを自覚し、食事などは医師の指示に従って摂る• 超即効型インスリンアナログ• フレックスタッチに関して(フレックスペンから次の点を改良)• ] JIS T 3226-2:医療用ペン型注入器-第2部:注射針基準に適合するA型の注射針。 投与量は、患者の症状及び検査所見に応じて適宜増減するが、持続型インスリン製剤の投与量を含めた維持量としては通常1日4~100単位である。 成人では通常1回4~20単位を1日2回、朝食前と夕食前30分以内に皮下注射する。

12
糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで処置することは適当でなく、速効型ヒトインスリン製剤を使用すること。

インスリン製剤

一覧 インスリン 製剤

通常、成人では、初期は1回2~20単位を毎食直前に皮下注射する。 適用にあたっては本剤の作用時間、1mLあたりのインスリン アスパルト含有単位と患者の病状に留意し、その製剤的特徴に適する場合に投与すること。

1
ランタス注:持効型の インスリンアナログ製剤• 剤形の種類:フレックスペン、フレックスタッチ、イノレット、ペンフィル、バイアル• 投与量は症状及び検 査所見に応じて適宜増減するが、維持量は通常1日4~80単 位である。 ミックス50注:超速効型と中間型を「50:50」の割合で含有する• ペンニードル32Gテーパー 製造販売元:ニプロ(株) 販売元:ノボ ノルディスク ファーマ(株) 1箱70本入り 0. 注射部位の症状• 混合型:超速効型又は速効型に、一定量の添加物を加えたり中間型を組み合わせた製剤(超速効型又は速効型の配合割合により規格が複数存在することがある)• 注入完了時に「カチッ」と音がするので、注入完了を確認できる• 糖尿病が元でおこる低血糖は、インスリン製剤や内服をしている患者さんにしか起きないそうです。

糖尿病薬の注射剤(インスリン・GLP

一覧 インスリン 製剤

ただし、始めのうちは通院回数が多くなります。 適用にあたっては本剤の作用時間、1mLあたりのインスリン アスパルト含有単位と患者の病状に留意し、その製剤的特徴に適する場合に投与すること。

通常、成人では1回4~20単位を1日2回、朝食直前と夕食直前に皮下注射する。 なお、食事開始後の投与については、血糖コントロールや低血糖の発現に関する臨床試験成績を踏まえたうえで、患者の状況に応じて判断すること。

糖尿病薬の注射剤(インスリン・GLP

一覧 インスリン 製剤

95(66) 標準製剤 1980 注2)(36) 2930(41) 119(34) 12. ヒトインスリン製剤• 発赤、痒み、疼痛、腫脹などがあらわれる場合がある• JIS T 3226-2:2005 医療用ペン型注入器-第2部:注射針基準に規定される A 型の注射針であり、痛みの軽減を目的に、針先端をより極細化したものである ナノパスニードルII ナノパス34G テルモ(株) 1箱70本入り 34G 0. 混合型ヒトインスリンに比べ、食後の高血糖をより改善させ、低血糖のリスクも軽減されます。

9
インスリンを体内に投与することで、血糖値を下げ糖尿病による合併症を防ぐ薬• 2型糖尿病でインスリン分泌機能が残っている場合は、それまでの飲み薬に持効型を1日1回加え、血糖値を全体的にバランスよく下げる方法もあります。

インスリン製剤

一覧 インスリン 製剤

(超)速効型のバイアル製剤は、ポータブルインスリン用輸液ポンプ(インスリンポンプ)を用いた持続皮下インスリン注入療法に使われる場合もある。

5時間 作用持続時間 使用期限 36カ月 通常、成人では1回2~20単位を毎食直前に皮下注射するが、ときに回数を増やしたり、持続型インスリン製剤と併用したりすることがある。

糖尿病薬の注射剤(インスリン・GLP

一覧 インスリン 製剤

呼吸困難、血圧低下、頻脈、発汗、発疹、急に唇・まぶたなどが大きく腫れる、話しづらいなどの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡するなど適切に対応する• 冷や汗がでる、気持ちが悪くなる、手足がふるえる、ふらつく、力が抜けた感じがするなどの症状が急に出現したり持続したりする• 本剤は、速効型インスリン製剤に比べ、皮下からより速やかに吸収され、血糖降下作用は同等(本剤1モルと速効型インスリン製剤1モルは、同等の血糖降下作用を有する)である。 他の人が使用した本品を使用しないこと[感染症の原因となることがある]。 薬剤師としては、併用している症例があった場合、少なくとも初回は疑義をかけるのがセオリーと言えそうですね。

11
持効型:作用持続時間は約24時間又はそれ以上で、継続使用時に明らかなピークが見られないため、中間型に比べてよりスムーズに基礎分泌を補いやすいメリットが考えられる• 注射剤の針 インスリン製剤、GLP-1製剤で使われる主な針をまとめてみました。

インスリン注入器用注射針

一覧 インスリン 製剤

したがって、その作用の発現はより速やかで作用持続の時間が短い(投与後約5時間まで)ので、速効型インスリン製剤(通常食事の30分前に投与)と異なり食直前(15分以内)に投与を行うこと。

9
製品名 メーカー ナノパスニードルII ナノパス34G テルモ ペンニードル プラス ニプロ-ノボ BDマイクロファインプラス 日本ベクトン・ディッキンソン より詳しい情報はポータルサイトでも 今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。 持続型インスリン製剤を併用している患者では、持続型インスリン製剤の投与量及び投与スケジュールの調節が必要となる場合があるので注意すること。