遠慮 させ て いただき ます。 ご遠慮しますは正しいですか?

「ご遠慮お願いします」「ご遠慮ください」etc.……は「誤用」なのでしょ

いただき 遠慮 させ ます て

人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 また、「ここに立ち入らないように」という注意書きがあれば、そのあとに「してください」があると考えられます。 しかし、その他にも、目上の人に使う断りの言葉はさまざまあります。

3
遠慮しているわけではなく、単に誰もやりたくないだけですが、「遠慮のかたまり」という奥ゆかしい表現でまとめているんですね。

ご遠慮しますは正しいですか?

いただき 遠慮 させ ます て

もちろん、ほかにもいろいろ言い方がありますが。

4
>「駐輪禁止」という看板と「駐輪ご遠慮ください」という看板が並んでいる まあ、それが現実でしょうね。

[消費者被害]「~はご遠慮いただきますようお願いいたします」という注意書きは、 施設管理権の行使による「禁止」か?

いただき 遠慮 させ ます て

「ご遠慮ください」も本来ならおかしな表現であるといわれたものが、現在では「やめてください」「やらないでください」という意味で浸透してきた言葉の一つと言えます。 ここでは、「止めてください」を考えます。 したがって、自分の行為については、「控えて置きます」であり、他人には「お控えください」でいいのではないでしょうか。

2
二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。

「遠慮させていただきます」の使い方・類語・敬語・断り方|ビジネス

いただき 遠慮 させ ます て

「遠慮なく」は他人に対して『遠慮しないでください。

20
3 少々お待ち願えますか 4 少々お待ちいただけますか 5 少々お待ちいただけませんか 6 少々お待ちいただいて(も)よろしいでしょうか 3 ~6 のあとのほうほど丁寧な感じがあります。 例文 「公演中に席をお立ちになることはお控えください」 「喫煙所以外での喫煙はお控えくださいますようお願い申し上げます」 「映画の内容に関する口外はお控えくださいますようご理解とご協力お願い申し上げます」 「開場前のご来園は、お控えいただければと存じます」 「選手に関するご質問はお控えいただきたく存じます」 「お子様のみでのご利用は危険ですのでお控えください」 「ご遠慮ください」のほうが禁止の意味合いが強く感じる どちらにも「おやめください」というニュアンスを含んで使用されることが多いですが、上述したように「漢語」である「ご遠慮ください」のほうがどちらかというと禁止の意味合いが強く感じられます。

「遠慮させて頂きます」は目上の人に使える?その他の丁寧な断り方法とは?|読モバ!

いただき 遠慮 させ ます て

では相手の行為に対して使ってよい言葉はというと、「お控えください」「おやめください」という敬語になります。

9
」か「ご送付致します。

「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

いただき 遠慮 させ ます て

報告は「遠慮なく」すること 『ホウ・レン・ソウ』とは『報告・連絡・相談』の略で、ビジネス用語として使用されます。 また、「ご遠慮なく」や「お気兼ねなく」では堅苦しい感じを与える相手であれば、「 お気軽に」という言葉も使えます。

6
(例:「池」の部首は「水」と表記されている書物が多くあります) この考え方から行くと、「彳(ぎょうにんべん)」は「行」の字が元になったと思いましたが、「彳(ぎょうにんべん)」と「行(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)」は別の部首という扱いを受けていて、「役」「後」「待」などの部首は「ぎょうにんべん」、「行」の他「術」「街」などは「ぎょうがまえ」になっています。 言葉をかえるとグッとオトナな言い回しに 「御遠慮ください」「お控えください」 何かを伝えようと思った時、特に「禁止」のような強い指示を相手に伝えなければいけない時に、伝えたい気持ちはそのまま、言葉だけ言い換えるという方法があります。