Excel リスト。 Excel(エクセル)プルダウンの使い方! 追加・連動・複数選択・解除の方法 [エクセル(Excel)の使い方] All About

Excelでプルダウンする選択肢を簡単に増やせるドロップダウンリスト

リスト excel

その後、プルダウンリストを設定したいセルを選択し、[データ]タブの[データツール]にある[データの入力規則]をクリックする。 まず、C2のセルにプルダウンリストを設定します。

8
入力規則のいろいろな使い方は も併せてご覧ください。 ドロップダウンリスト プルダウンリスト に表示する値をダイアログボックスで設定する方法• 【Excel(エクセル)おすすめ記事】 ・ ・ ・ ・ ・. シートに入力したデータをリストにする方法• をご覧ください 名前の定義でOFFSET関数とCOUNTA関数でリスト数を数えることでリスト範囲を自動で伸ばす方法です• データの入力規則のダイアログで入力値の種類を「 リスト」とします。

指定したデータがリスト内に存在するかどうかを確認する:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

リスト excel

右側に矢印• Sheet1のA1セルに入力規則を設定します。 セル範囲A7:A8を選択し、名前ボックスに「パソコン」と入力します。 [ 入力時メッセージ] タブをクリックします。

6
INDEX Sheet2! 決まった項目の入力にはプルダウンリストが便利 部署名や都道府県の決まった入力項目には、プルダウンリストを設定しておくと入力ミスなどを防ぐことができる。 「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れます。

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

リスト excel

リストの元の値にテーブルを指定すると、データの増減によって自動でリストの範囲を伸ばしたり、縮めたりすることができます。

14
そして「元の値」に入力したリストを編集したり、別のセルやシートで作成/変更したリストを選択し直したりすればよい。 「入力値の種類」で「リスト」を選択します。

Excelのプルダウン(ドロップダウン)リストを作成して選択入力を可能にする:Tech TIPS

リスト excel

この方法については別項で紹介することとして、ここでは、基本的な形をとります。

9
データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。

エクセルの入力規則「リスト」を活用しよう! [エクセル(Excel)の使い方] All About

リスト excel

プルダウンリストは、「名前」を使って選択肢を設定すると便利なので、必要なリスト毎に名前をつけます。 数式内で使用している関数は下図を参照してください。

18
データ範囲を確認し、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れ、[OK]をクリックします。 効率化をしたい。

連動するドロップダウンリストを数式を使って作成する:Excelの基本操作

リスト excel

後は [OK]を押せば完了。

8
2つ目のリストを設定します。

ドロップダウン リストを作成する

リスト excel

このケースでは A1:I10 がデータ範囲と指定されます。 入力規則を設定するセルを選択します。 リストの中からマウスでクリックして選択して使います• ドロップダウン リストを配置するワークシートのセルを選択します。

18
また、リストに登録していないデータを入力しようとすると、 下の画面が表示され入力できません。 『リストから選択』(若葉マーク)• 本当に感謝です。