西本 博嗣。 経営陣全員をクビにした創業家 ノーリツ鋼機を外資系に売却か(上) | 東京レポート:|NetIB

ノーリツ鋼機株式会社 西本博嗣|KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

博嗣 西本

創業者の西本氏は、困っている人がいる、それを解決することがお金儲けになる、その一環として写真事業を始めた、すると人に喜ばれた、色々要望が来る、それを叶える、また喜ばれる・・・という繰り返しの中で、たまたま写真事業をやっていただけなんです。 西本博嗣 写真ラボ事業との決別 2010年に写真ラボ事業の減損損失の計上を行い、146億円の特別損失を計上し、当時の売上高が279億円に対して、最終赤字が206億円に達しました。 経営陣にとっては他人事ではないはず。

2
議長の佐谷勉社長が提案の理由説明を求めると、代理人は「企業価値の向上にふさわしい」などと回答。 現在は持株会社として、フェルトペン先で世界シェア5割を誇るや、DJ機器で世界シェア7割の「」ブランドで知られる音響機器メーカーのAlphaTheta(旧Pioneer DJ)などによる「ものづくり」事業と、遠隔画像診断のドクターネット、医療用ICTソリューション事業のユニケ、医療事業のJMDC(旧・日本医療データセンター)などによる「ヘルスケア」事業を柱としている。

WEIN挑戦者FUNDが2つの新会社を発表

博嗣 西本

社長就任後は、従来の写真の事業も継続しながらM&Aで新しい事業にも着手する道を選びました。

議長を務めていた佐谷勉社長や一部の株主から、修正動議を出した理由を求めますが、明確な回答もないまま採決され、修正動議は議決され総会は終了となります。

西本 博嗣 − ノーリツ鋼機株式会社代表取締役社長CEO

博嗣 西本

最終的には、創業の事業である写真処理機器事業を2016年2月に譲渡するに至り、現在は別の資本となりましたが営業を続けています。 なお、和歌山市には写真関連機器などを生産するノーリツプレシジョン本社などの元関連会社がいくつか残っている。

7
そして、2015年には「テイボー」(旧:帝国制帽)の株式を314億円で買収しました。 近代マグロに代表されるように、大学の研究姿勢が注目されています。

日経 私の道しるべ 西本博嗣

博嗣 西本

1925年に創立された大阪専門学校を前身とし、1949年に設立された大学です。 すでに、PR・マーケティングや経理、財務、人事・採用など各領域の専門家が参画しており、そのうち10名は経営経験を有するという。 この事業を、無理をしてまで守ろうというような考えは一切なく、どうやって現在の単一事業のみという状態から脱して、次の新たな事業に転換しようかという意識だけしかありませんでした。

9
それで、創業者一族側になるのですがそれはまだ先の事です。 2020年末、ことは記憶に新しい。

日経 私の道しるべ 西本博嗣

博嗣 西本

広告物の設計・製作・管理• 「例えば、パワハラやセクハラも法廷で争って決めるものじゃない。 ホールディングスの役割は業界全体を見渡して、行くかとどまるか判断することですから。

特にの先駆者であるジーンテクノサイエンスは、多くの先発薬の特許が切れる2020年度以降、本格的に成長すると期待しています。 社長秘書の仕事を2年こなして、現場復帰しましたが、2004年ごろの時代は写真はデジタル化が進んで浸透していたのですが、まだ社内はアナログの話題ばかり中心で変わろうとしない。

ミックスライティング株式会社

博嗣 西本

2006年に同社を退社し関連企業で取締役、代表取締役などを務める。

AlphaThetaとテイボーを含むものづくり事業と、JMDCグループを含むヘルスケア事業をコア事業と再定義し、それ以外の事業すべてから撤退、成長性の高い事業グループへと再編を進める。

<トップインタビュー> ノーリツ鋼機 西本博嗣社長に聞く

博嗣 西本

このナンバーツーとは、すでに各報道で名前が上がっているWEINグループのWEIN Incubation Group(以下WEIN IG)の現代表であり、元ノーリツ鋼機代表取締役の西本博嗣氏だ。

入社した時から「いずれは社長に」と思いながらノーリツ鋼機の姿を社内外から見てきましたが、ついにタイミングが来たと思ったので手を挙げました。 これが商売の基本なんですよね。

<トップインタビュー> ノーリツ鋼機 西本博嗣社長に聞く

博嗣 西本

そして入社後、カリスマと言われたノーリツ鋼機の創業者西本貫一と出会います。 退職後も創業家の一族になっていた西本博嗣氏は、ノーリツ鋼機のことが心配で色々と助言をしますが、改善はされませんでした。 グループ内でリストラを含めた組織再編を行っている間は、こうした足もとが赤字である企業は極めて将来性があっても、連結対象とすることはできませんでしたが、現在は将来に向けて種を蒔き、育てていける環境にあります。

2015年に祖業の地である和歌山市から東京都港区に本社を移転した。 創薬セグメントの「日本再生医療」と「ジーンテクノサイエンス」は研究開発フェーズであるため現在は赤字主体ですが、これから3~5年くらいで研究開発が進捗すると見ています。