融通 無碍。 融通無碍――人生哲学〈4〉

「融通無碍」の意味と使い方とは?語源や類語・反意語も解説

無碍 融通

全くそうであって、間違いでないこと• ビジネスの用語として用いられることも多い言葉です。

3
例文は以下の通りです。

四字熟語「融通無碍(ゆうずうむげ)」の意味と使い方:例文付き

無碍 融通

「碍」は「進みを妨害して止めてしまうこと」を意味します。 その他にも、「思いがけないトラブルも融通無碍に対処する」「彼女の自由無碍な行動に手を焼くことがある」「彼は闊達無碍を信条としている」「動物の食性は融通無碍だという」「大空を自由無碍に鳥たちが飛び交う」などがあります。

14
無下と無碍という言葉は同音異義語のため、互いに置き換えて使うことはできない言葉です。

「融通無碍(ゆうずうむげ)」はお経から出来た言葉?|意味と使い方

無碍 融通

1つの考え方や、視点にこだわって何かをするのではなく、自由気ままに考え、いろいろな視点から物事を見て、その場に合わせた対処をする様子を表現した四字熟語です。 「下」は「程度や状態が低いこと」を意味します。 融通無碍の類語・言い換え語 悠揚自在(ゆうようじざい) 考え方や行動が特定のものにとらわれておらず自由であること。

2
頑固という言葉は、よく「頑固おやじ」「頑固一徹」というような使われ方をします。 「融通無碍」とは、元来、仏教が由来の言葉で仏教専門用語でした。

融通の意味と融通無碍

無碍 融通

私としては、融通という言葉とその意味を、仏教用語として伝えていきたい、そのように思う今日この頃に御座います。 つまり、「融通無碍」は、似た意味の単語を重ねることで、 「障害になるものがない」という意味を強調し、自由であるさまを表しているといえます。 無下と無碍の違い 無下と無碍の意味の違い 無下と無碍の違いを分かりやすく言うと、 無下とは冷淡であることを意味し、無碍とは何ものにもとらわれないことを意味するという違いです。

言い回しとしては、• それに対し、仏教で教える融通無碍は、この世の全てのものは互いに影響しあい、つながっているという教えです。

融通が利くの「融通」ってどんな意味?類語、英語を含めて徹底解説

無碍 融通

むしろ職場外での関わり方が、職場の人間関係を左右するターニングポイントになっているように感じます。

14
「世界中の事物はお互いによく混ざって調和をしている」との真理を、何の偏見もなしに見るのが理事無碍法です。 。

「融通無碍」の意味とは?類語、使い方や例文、反対語を紹介!

無碍 融通

他人の話を聞くときには、融通無碍を大切にするように気をつけると、学ぶことが多い。 「融通」と「無碍」は、どちらも「滞る障害がない」という意味です。

16
」 「松下幸之助さんはこの 融通無碍と言う言葉を人生哲学の中に取り入れており、素直な心を持てば、どんな困難な状況でも壁を突破できないことはないとしている。

融通無碍の意味とは?使い方と語源・類語と反対語を簡単に解説!

無碍 融通

考え方や行動が何にもとらわれない「融通無碍」に対して、考え方や行動が規則などにとらわれているのが「四角四面」です。

3
「無」は音読みで「ム・ブ」、訓読みで「ない・なみする」と読みます。

「無碍」と「無下」の意味の違いと使い分け

無碍 融通

融通無碍は、まさに 「諸法無我」や 「縁起・ご縁」とも繋がる、スケールの大きな言葉であり、意味を有するのであります。 少し馴染みのない言葉になると、「融通自在」という言葉も似たような意味を持っています。 このように、「融通」と「無碍」は似た意味の単語であることが分かります。

今回は、現代的な融通の意味へとさすらう前の、仏教用語としての融通を学ぶことと致します。 「自由無碍」「無下に扱う」などと使います。