アトランティス 大陸。 アトランティス大陸 <後編>|丸々|note

【衝撃】アトランティス大陸の場所を遂に特定へ! 「サハラの目」とプラトンの記述が完全一致、決定的証拠が発見される! (2018年9月11日)

大陸 アトランティス

このようにプラトンが説明するアトランティス大陸については、非常にむずかゆい終わり方をしていますが、人々の興味を引きつけるには十分でした。 信頼できる学者の歴史的な書物に登場したことで一気に注目を浴びたのだ。

10
平原は工事により長方形に整形され大運河に取り囲まれ、運河のおかげで年に二度の収穫を上げたほか、これらの運河を材木や季節の産物の輸送に使った。 更にこれらの市街地の外側を半径約9. 彼らは、そのために、その道を辿って逃げることが出来たのであった。

【衝撃】アトランティス大陸の場所を遂に特定へ! 「サハラの目」とプラトンの記述が完全一致、決定的証拠が発見される! (2018年9月11日)

大陸 アトランティス

そもそも 「しんかい6500」が海底を調査していた目的は、ブラジル沖の海底にそびえる 「リオ・グランデライズ」という海山の成因を明らかにすることだった。 とても大きい島国だったとされ、アトランティス人が住んでいました。 スポンサーリンク 『』プラトン 著 『』マーク・アダムス 著. アトランティスの痕跡・・・そう考えただけでワクワクしてきます。

アトランティスが地上にあったときの何かの影響で機械が異常を起こしたのであれば、その遺跡がアトランティスだった可能性が出てきます。

【衝撃】アトランティス大陸の場所を遂に特定へ! 「サハラの目」とプラトンの記述が完全一致、決定的証拠が発見される! (2018年9月11日)

大陸 アトランティス

そうして、レミングなどに見られる、海に向けて死の行進も、太古に陸地があったことの帰巣本能に基づく行為だと考えた。 この湖は、ヘブライ語では、「蘆の海」とも「紅海」とも訳される半分沼のような湖で、約5百メートルほどの隙間が、何箇所か開いており、普段は渡れないが、津波の引き波の影響で、一時的に渡れるようになったと考えるとすべてつじつまが合うのではなかろうか。 この地で、 太陽信仰をはじめとすることになるのです。

『 クリティアス』は冒頭の記述から、この作品は先の『ティマイオス』の対談と同じ日に行われた続編にあたる対談であることが示唆されている。 洋に再浮上したンチスをにする。

【衝撃】アトランティス大陸の場所を遂に特定へ! 「サハラの目」とプラトンの記述が完全一致、決定的証拠が発見される! (2018年9月11日)

大陸 アトランティス

15
海がまっ二つに分かれ、イスラエル人たちの進む方向に一本の道が開けたのである。 なぜならば、聖クザーヌスは、神は理性的なものであると説き、科学的、合理的なものを重視していたのに対し、アガシャーは、愛とか、守護・指導霊とかいう非科学的、非合理的、反理性的な教えを説いていたからです。

アフリカのモーリタニア「サハラの目」はアトランティス大陸~プラトン「ティマイオス」の記述と一致

大陸 アトランティス

出典:, 画像: いかがでしたか?海底に消えた古代の超文明アトランティスについてご紹介しました。 学芸や武術だけではなく、いかに霊性を高めたかという事が大事である」です。

12
ちなみに、エドガー・ケイシーもアトランティスに言及していますからね。 カリブ海の海底都市 カリブ海の海底都市もアトランティスのモデルの一つとなっています。

ムー大陸5つの謎|アトランティス大陸や日本との不思議

大陸 アトランティス

アトランティスに比べて国家としての規模が小さすぎる ことから文明消失のモデルとはなりえないとの否定的意見もある が、規模と年代、及び位置についてはプラトンの誇張としている。 それができればそれはそのまま利他につながります。

16
現代人からすると、まったく信じられない想像すら及ばない文明であるが、われわれは理論や思考力をベースにしてここまで発展してきたわけだから、そもそも最初からベクトルが違う文明なのである。 太陽神の化身であるこの王は、実はあのお釈迦様の過去世であるエル・カンターレという9次元大霊の意識の一部が肉体を持っていたものだとされています。

ムー大陸は日本だった?アトランティス人の末裔は現存?【古代文明の謎と嘘】

大陸 アトランティス

1200隻の軍艦• そんな栄華を極めたアトランティスの支配者達であったが、原住民との交配を繰り返す内に神性が薄まり堕落してしまった。 コスマス『キリスト教地誌』xii. そして、アトランティスとアテネ軍との間で決戦が行われ、ついにアテネ軍は、アトランティスの軍隊を破ったのである。 キューバ沖の海底には、巨大な都市らしき跡が、発見された。

住人も高度な知能を持ち、10の国の王に組織されたアトランティスでは5年に一度、首都アクアポリスに建設されたポセイドン宮殿にて総会が開かれるなど、組織化された政治が行われていた。