刹那 意味。 刹那

「刹那的」の意味と使い方・語源・用例や例文・同義語

意味 刹那

将来を考えず、瞬間だけを充実させて生きること• (仏教哲学では「刹那」は、物質的、精神的、なかんずく精神的な現象の瞬間的生滅を説明するときに使われる。 しかし日常生活の中で刹那と言う言葉を使って何かを表現したりすると自然と周りから賢く見られたりする場合があります。

. 仏教語の意味合いを持っている特殊な単語なので、今回は仏語としての意味についても理解してください。

せつな【刹那】の例文集・使い方辞典

意味 刹那

ごめんなさい、自画自賛したりしているわけではないのですが、嫌味に聞こえたら申しわけないです。 外のものが皆黒い上衣を着ているのに、この男だけはただ白いシャツを着ているので、背の高いのが一層高く見えるのである。

18
六波羅十蔵が竹筒に張った薄膜をつき破ると同時に、古坂内匠の鼓膜も破れ、その衝動は内耳にある三半規管をも破壊してしまったのだ。 」 (より) という意味の言葉です。

せつな【刹那】の例文集・使い方辞典

意味 刹那

僕本人にしか分からないレ. 一瞬や瞬間などの使い方 刹那という言葉の使い方として、まずは一般的に多く使われるのが一瞬や瞬間という言葉として使う場合です。 [ ] 極めて短い時間を念といい、一刹那、または60刹那、または90刹那などを一念とする。 だからこそ、多く刹那という言葉に代用して使うことが出来るといえます。

14
日常生活の中でも一瞬に感じる事ってたくさんありませんか? 例えば、辛い事を行っていると、とてつもなく長い時間のように感じて、苦痛な時間がより長く感じてしまう事ってあると思います。

「刹那」の意味とは?類語、反対語や使い方、例文を紹介!

意味 刹那

しかし、同じ意味であっても代用すると違和感を感じてしまう場合などもあり、例えば、瞬時に駆け巡るなどと表現を代用してみると、刹那に駆け巡る、瞬間に駆け巡るという表現いなるので、なんとなく意味はわかるけど、ちょっと一瞬戸惑ってしまいませんか? ちなみに今お伝えした一瞬戸惑うという言葉も代用してみるとちょっと変な感じになりますね。 知っている人も多いかもしれませんが、改めて意味を聞かれると説明が出来ない方がいるのも事実です。

びっくりして、あっといって立ちつくしている間に起こってしまう出来事というのは本当にあるものだ。

「刹那」の意味とは?類語、反対語や使い方、例文を紹介!

意味 刹那

マツチの微光には真青な女の死顔が照らし出された。

5
とはいえ、どんな場合でも 刹那は一瞬よりも更に短い時間を表しているということがわかりました! 1秒以下の時間表現を解説 現在の時間の最小単位は「秒」なので、 1秒以下の時間を表す場合、「0. 時間の最小単位。 刹那の誘惑に。

「刹」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

意味 刹那

その刹那彼女の眼は実に大きく一時にびっくりしたような色をおびた。 「刹那主義」は、以下のような意味になります。

だが、どうやって? 風車は十年前に固定されている、と記憶が閃いた刹那、Dの影が動いた。 ただし部門が別。